読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの日記

なんとなく書きたくなって

一目惚れ、青森回顧録(ベイエリア編)

いっておいでよ

f:id:mg0905:20160808012624j:image

たった2日で、愛しいと思ってしまった。一目惚れに近い何か。

青森回顧録

f:id:mg0905:20160808012301j:image f:id:mg0905:20160808012318j:image

駅に着くと早速ねぶたでお出迎え。

憎い、早速胸がきゅっと掴まれる。いかんいかん、旅はまだ始まったばかりではないか。

特に林檎の形をしたダルマのねぶたは青森さが詰まりすぎててずるい可愛さ。

f:id:mg0905:20160808012635j:imagef:id:mg0905:20160808014328j:image

ベイエリアの気持ちよさ。暑い日差しなのに爽やかな風。 f:id:mg0905:20160808012858j:imagef:id:mg0905:20160808012915j:image

この港で心地よい風を受けながら飲む生アップルシードル、媚薬でも入っているのだろうか、もうメロメロで、明日も明後日もここでこうしてたい。

f:id:mg0905:20160808013230j:image

しかもA-factoryで売ってるものがカワイイの応酬で、「青森=カワイイ」の方程式がここに成立。

そもそも駅のホームにも林檎の形をした何かが柱にくっついてるし、帆立貝の殻で金魚の飾りを作ってたり。ちらほら見せる、可愛らしさ、見つけるたびに、ズルいよズルいよと心で唱える…

 f:id:mg0905:20160808013409j:image

そしてそして、やっぱり胃袋を掴まれたらもう逃げられない。食が美味しい。

f:id:mg0905:20160808013528j:imagef:id:mg0905:20160808013748j:imagef:id:mg0905:20160808013850j:imagef:id:mg0905:20160808013917j:image

市場で色とりどりの海鮮をご飯の上に飾りましたよ、どーーーーーん!

f:id:mg0905:20160808013655j:image

ああ、もう!!!好き!!

ねぶたもまだ見ていないうちから青森リピート決定。また君に会いたいよ、青森。

f:id:mg0905:20160808014838j:image

そして私はねぶたに出会い、青森のトリコにさせられたのだった。

青森回顧録、ねぶた編へと続く。